HOME | コラム | 白髪予防に効果がある食材で健やかな髪を保つ

白髪予防に効果がある食材で健やかな髪を保つ

毎日の食生活で白髪予防ができるなら

白髪はぬいてはダメです




黒髪から白髪になるメカニズム

 

髪の毛の主成分は18種類のアミノ酸で構成されているケラチン繊維というタンパク質です。

 

 
髪と頭皮の仕組み

 

そもそも髪の毛が黒いのは、メラニンと呼ばれる黒い色のもとになる色素が髪に含まれているからです。

 
毛の根本部分にある毛母細胞が髪を生やす細胞をつくりだす時その近くにある色素細胞がメラニン色素を受け渡しをして、髪の色を黒くしていくのです。
 
加齢によってその色素細胞がだんだん作れなくなってしまうとメラニン色素の受け渡しができなくなり髪が白くなると考えられています。
 

髪の色をつくる色素細胞とは

 

色素細胞の中にはアミノ酸のチロシンが含まれています。
このチロシンにチロシナーゼいう酵素が働きかけ化合物が変化して最終的にユウメラニンと言う黒褐色のメラニン色素が作り出されます。
このユウメラニンの含有量が多ければ黒髪にやや少ないと褐色さらに少ないと金髪になります。

 
赤毛の人はチロシンが赤褐色のフェオメラニンという色素に変化するため、髪の毛が赤くなります。
 
また、毛母細胞の栄養は毛細血管から取り込まれますがこの血液の中に含まれる酸素や栄養が乏しければ毛母細胞の中の色素細胞の活動にも影響が及ぶと考えられています。健康な髪を生やすためには血液の材料になる栄養バランスの良い食事をとることが大事になってきます。
 

白髪を遅らせる3つのポイント

酵素のチロシナーゼの働きを活性化させ続けることが白髪を遅らせる
 
1つ目のポイントは

チロシナーゼという酵素は、銅イオンで活性化されることがわかっています。
銅が豊富に含まれている食材は
えび シャコ 柿 レバー ココアなど
 

2つ目のポイントは

チロシナーゼの働きかける、アミノ酸のチロシンをしっかり取り入れることが大事です。
 
チロシンが多く含まれる食材は
アジ 鶏卵 豆腐 チーズなど
 
髪と頭皮によい食材


3つ目のポイントは

 

チロシンを構成しているアミノ酸のフェニルアラニンです。このフェニルアラニン、は体内で作り出すことができないアミノ酸なので食品から取り入れるしかありません。

 
また、フェニルアラニンが不足すると黒髪の素のメラニン色素が作られなくなるので白髪予防のアミノ酸として注目されています。
 
フェニルアラニンが多く含まれている食品は
魚 肉 レバー 豆製品 アーモンド ゴマなど
 
日常的に食べる食品に多く含まれているので特に意識しなくても取り入れやすいといえます。

食生活が未来の身体に影響をあてえています。

食事の内容で髪の成長が大きく影響を与えるます。過度なダイエットや偏食など偏った食生活になると栄養が不足して髪がパサついたり抜け毛や白髪が増える原因になります。

毛髪は身体の一部なので全身の健康に悪そうなことは髪にも良くないと考えられます。
逆に健康に良いとされる食生活は毛髪にも良い影響を与えるはずです。
 
いつまでも、健やかな髪を維持するためにも、バランスのとれた食生活の見直しが大事になっていきます。

髪と頭皮によい美容室


Reservation

ご予約

 ※注意事項
■予約フォームはパソコン、スマートフォンからの”予約”を受付致しています。
  ご希望の7日前までにお願い致します。
■予約フォームでの予約は仮予約となります。
予約は後日、メールにて確認させて頂きます。
■3日すぎて返信がない場合は直接、お電話で確認をお願いします。
■ご希望に日時に添えない場合もございますのでご了承下さい。

 *下記フォームに必要事項を入力して確認ボタンでフォームを確認後、
  「送信」ボタンを1度だけ押して下さい。
 
メールでのお問い合わせはこちら