HOME | コラム | 肌と髪が喜ぶ、食生活とは

肌と髪がよろこぶ食生活とは

ヘルシーな食材ばかりを食べてお肌や髪がきれいになることはとても困難なこと。美肌や美髪を手に入れるには教養のある食生活をおくることが大きなカギとなります。
お肌と髪の毛への栄養素の豊かな毛髪環境を作るために食材を確認したい方にご紹介をします。

食べた栄養素は生命維持に必要な部分から優先的に運ばれていきます。髪の毛への優先順位は実は最後になってしまう事をご存知でしょうか?

 

髪と食の関係

基本は食の3大栄養素(タンパク質、脂肪、炭水化物)と、ビタミンやミネラルをバランスよく食べることが大切です。

髪の毛を構成するアミノ酸は18種類


 
髪の主成分は18種類のアミノ酸で構成されているケラチン繊維というタンパク質です。
表の中の色のついた成分は必須アミノ酸と呼ばれていて体内で作ることができないアミノ酸です。食物から取り入れるしかないのです。
食べ物から取り入れたタンパク質は胃や十二指腸でアミノ酸に分解され体中に運ばれます。分解されたアミノ酸を再びケラチンというタンパク質に再合成され髪の素になっていきます。
そしてケラチンを再合成するために必要なのがミネラルとビタミン、中でも髪の毛の成長に最も必要なミネラルが、亜鉛、鉄、マンガンと言われ亜鉛の働きをサポートする意味でビタミンの中で特にビタミンB6が重要です。

[亜鉛]

亜鉛はアミノ酸からケラチンを合成するのに必要不可欠な栄養素です。また、抜け毛の原因となる酵素の働きを抑える効果があると言われています。抜け毛が気になる方には積極的に取り入れていただきたい栄養素です。
☆亜鉛を多く含む食材
生ガキ、豚レバー、パルメザンチーズなど

[鉄分]

鉄分は、血中のヘモグロビンを作るのに必要な栄養素です。ヘモグロビンとはタンパク質の1種で、酵素と結びついて全身の細胞に酵素を届ける重要な役目があります。血液中に栄養素と酸素が多く含まれていれば毛母細胞に働きかけてケラチンの合成を促進するミネラルなのです。
☆鉄分を多く含む食材
豚レバー、あさり、納豆、ひじきなど

[マンガン]

マンガンは体内のタンパク質や脂肪を代謝するときに酵素の働きを活性化してケラチンの合成をサポートします。栄養素の代謝に深く関わるとても大切なミネラルです。
☆マンガンを多く含む食材
生姜、シソ、日本茶、干しエビなど

[ビタミンB6]

ビタミンB6は亜鉛の働きをサポートします。アミノ酸合成に必要な酵素の働きかけをするなど重要なビタミンです。また、頭皮の皮脂の過剰分泌を防ぐなど頭皮環境を整えるいただきもあります。
☆ビタミンB6を多く含む食材
ニンニク、マグロ、カツオ、牛レバー、ピスタチオなど

[ビタミンC]

ビタミンCは抗酸化作用があるビタミンですが、それ以外にもアミノ酸代謝、コラーゲン生成、カルシウムの吸収などに、役立っています。
☆ビタミンCを多く含む食材
アセロラ、柑橘類、緑黄色野菜など

[ビタミンB群]

タンパク質を体内でアミノ酸に分解するときに必要なビタミンです。新陳代謝を高める働きがあるので頭皮状態を良くする栄養素です。ビタミンB群欠乏すると白髪や抜け毛の原因にもなります。
☆ビタミンB群を多く含む食材
牛肉、鶏肉、魚介、卵、バナナ、アボガド、ナッツなど

[ビタミンA]

抗酸化作用があり粘膜や皮膚を丈夫にします。ただし、ビタミンAを過剰に取りすぎると、髪の成長サイクルが短くなり薄毛のリスクもあるので適量を摂るようにしてください。
☆ビタミンAを多く含む食材
うなぎ、鶏レバー、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草など

[ビタミンE]

アルガンオイルなどに多く含まれているビタミンEは結構促進し頭皮環境を整える働きをします。抗酸化作用も強く体内の酸化を防ぎます
☆ビタミンEを多く含む食材
すじこ、うなぎ、ピーナツ、モロヘイヤなど
毛髪を生成するアミノ酸の中でも含有率が高い栄養素はシスチンと、グルタミン酸。

[シスチン]

髪を構成する栄養素の中で最も含有量が多いアミノ酸はシスチンです。髪の毛の強度や弾力性に関わってくる栄養素です。
☆シスチンを多く含む食材
卵、鶏レバー、大豆、牛乳など

[グルタミン酸]

グルタミン酸は、脳神経細胞のエネルギーにもなる重要なアミノ酸です。うま味成分としても、よく知られています。
☆グルタミン酸多く含む食材
昆布、しいたけ、大豆、白菜、トマトなど

髪の毛も含めて人間の身体を構成しているのはタンパク質です。良質なタンパク質を取り入れることで体内で効率よく吸収され健康な髪や身体を作ってくれます。

[良質なタンパク質]

動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂ることを心かけましょう。
☆良質なタンパク質を多く含む食品
肉、魚、卵、枝豆、チーズ、納豆、なめこなど

 


Reservation

ご予約

※注意事項
■予約フォームはPC、スマートフォンからの”予約”を受付しています。
ご希望の7日前までにお願い致します。
■予約フォームでの予約は仮予約となります。
予約は後日、メール又はLineで 確認させて頂きます。
■3日すぎて返信がない場合は直接、お電話で確認をお願いします。
■ご希望に日時に添えない場合もございますのでご了承下さい。

 *下記フォームに必要事項を入力して確認ボタンでフォームを確認後、
  「送信」ボタンを1度だけ押して下さい。
 
メールでのお問い合わせはこちら